バルコニータイルの利点難点

###Site Name###

殺風景なマンションのバルコニーを簡単にアレンジできるバルコニータイル。

業者に頼むと結構高いですが、日曜大工がてら、時間をかければ綺麗なバルコニーが出来上がります。

リビングとの一体感、バルコニーと室内との段差の解消にも使えます。

材質を選び管理することで、虫やごみなどの衛生面の心配もなく、手入れの暇などはあまりかかりません。

ただタイルの上を歩くだけ、という目的なら、何の問題もないのです。



タイルの上に観葉植物を置き、水やりなどをすると、タイルに湿気がのこり、タイル下にごみがたまりやすくなってしまいます。


常日頃から、ほうきや掃除機などでごみやほこりを除去し、年に数回タイルを剥がして元の床面を掃除すれば、虫の温床になるリスクも減り、ごみも溜まらず、衛生面の心配もなくなるのです。



マンションの場合、直接接着する事ができないので高層階に住んでいる方は強風で吹き飛ばされないよう対策をとる必要があります。

万が一吹き飛ばされて落ちてしまったら、人命に関わる大事故に繋がってしまうので注意しましょう。


高層階では禁止されている物件もありますので、マンション規約を読み、管理人に相談するなどして確認されるとよいでしょう。大規模修繕の際には、バルコニーに物を置いておくわけにはいきませんのでその都度外さなくてはいけないのが一番の難点です。
高層階の場合だけでなく、規約内容によってはバルコニータイルの設置自体禁止されている場合がありますので、設置前にもう一度確認されることをおすすめします。
上記の点に注意することで、あなた好みのお気に入りの住環境を簡単に整えることができます。

手間さえかければ比較的安価にリフォームすることができるバルコニータイル、種類も豊富ですのでぜひ御一考を。